読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでの事、これからの事

ASDな大学生の過去と日常の記録

これまでの事(2)

皆さまこんにちは、Miuです。

今日も大学を休んだため、先週の金曜日から実質6連休となっております(笑)

 

朝…起きれないんです…

精神科通院中で薬を飲んでいるのですが、副作用で凄まじい眠気が…

 

言い訳はこれくらいにして、本題に入ります

今日は【小学4年生~中学3年生】を振り返ります。

 

小学4年生になるタイミングで自分の生まれた街へと引っ越してきました。

今もこの街に住んでいますが、正直言って何もないです。

この時家を新築したので、新居が出来るまでの間、母方の実家から通学してました。

 

まず都市と地方のギャップ大きさに驚きました。

教室にストーブがあるわ、校舎は綺麗だわ…(後に前の小学校も建て替えられたようです)

始業式では全校生徒の前で自己紹介をしましたが、何を言ったのか覚えていません…

最初は転校生という事でそれなりにクラスメートから話し掛けられてましたが、コミュニケーションが上手く取れずに次第に一人になっていきました…

 

思えばこの頃が、自分がASDであると感じ始めた辺りなのかもしれません。

(当時は高機能自閉症アスペルガー症候群と呼ばれていました)

 

また運動会前にちょっとした不注意から足がアイロンに当たってやけどになりました。
さほど痛みを感じなかった記憶があり、やはりこれも感覚障害の一つなのかもです…

 

5年・6年生では特に大きな問題は起きなかったと思います。

修学旅行にも行きましたし、運動音痴ながらもちゃんと運動会にも参加していました。

強いて挙げるならば、子ども会(地方によっては名称が違うのかも)でソーラン節をさせられた事くらいかと。

 

そのまま、地元の公立中学校に進学し(自分の通っていた小学校+近隣2校からの児童が集まる)1年生の間はあまり問題はありませんでしたが、2年生に上がったころから徐々にボロが出始めました。

 

1年生で美術部に入部した自分は、2年生で部長になりました。

他になり手がいなかった…のもありますが、一番は人より上に立ちたかったのがありました。

今思えば何をやっていたのかという感じですがね…

それで部長として部を率いていく事になるのですが、ASD特有の空気の読めなさなどから何度もほかの部員と色々な事で衝突してしまい、皆が帰った部室で一人泣いていた事もありました。

同じく2年生の時に修学旅行で関西に行きましたが、特にこれと言って思い出は…です

担任教師と2人で何のアトラクションにも乗らずにUSJをまわった嫌な記憶しかないです…(それも自分の誕生日…)

 

また2年生の頃、軽めのいじめの様なものもありました。

自分が悪いから…とさほど問題にはしませんでしたが、これがのちの高校行き直しに繋がる事になるとは当時は思いませんでした。

 

ちなみに中学時代の成績は中の上?位でした。

ただこの頃から数学は苦手でした…

 

そして中学3年生、高校受験の年です。

とにかく当時の担任が進路指導がひどくて…

 

自分は隣の市の進学校に行きたかったのですが…

 

普通科高校ならどこも一緒だろ」

 

「地元の高校なら支援できるように事前に言ってやる(意訳)」

 

しまいにはその高校の見学の際にも嫌な顔をされました

はっきり言って、今でもあの教師を恨んでいます。

 

結局は父の「定期代どうするんだ」という一言で地元の高校に決まりましたが、元々行きたくない高校でかつ、前述のいじめの件もあって最初から行く気なんてありませんでした。

 

 

続きはまた今度にします

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

それでは

 

 にほんブログ村に参加しました

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村