読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロルミナス

書きたい事を書くだけ

これまでの事(3)

 

皆さまこんにちは、Miuです。

気付けばもう12月ですね……

 

 

今回は【高校入学(1度目)~定時制高校再受験までの引きこもり期間】の期間についての話です。

 

高校は昔からある、典型的な地方の普通科高校で、良くも悪くも「地域の高校」でした。

 

元々行きたくない高校であった事もあって、最初からまともに行く気など無かったのですが、それでも最初の1学期は頑張って通いました。

 

中学の頃には無かった、「朝自習」の為かなり朝起きるのは早くならざるを得なくなりました。

次第に朝起きれなくなっていきましたが、当時の両親はただ怠けているだけと思った様で、文字通り強制的に連れて行かれてました。

 

結局何がダメだったのか、一言ではまとめきれませんが、簡単に言うと、教室が騒がしかったのと、地方特有の馴れ合いが本当に嫌でした。

 

自分の中学から恐らく半分位は同じ高校に進学したかと。

中学でのコミュニティがそっくりそのまま高校になっただけで代わり映えのしない教室。

 

当然の様に昼休みは1人でした。

 

それも毎日。

 

 

この辺りから、2次障害として強迫性障害を発症したと記憶してます。

 

こういった内面の変化は自分では気付けないもので(それがASDなのかもですが…)最初に異変に気付いたのは母でした。

確か夏前くらいだったと思います。

 

「最近、手を洗う回数多くない?」

 

その一言から、今も通っている病院への通院が始まりました。

 

初診の時に、自分が何を言ったのかは全く覚えてないのですが、それでも学校を合法的に休めることの方が嬉しかったです。

 

当時の自分はただ毎日の事で精一杯でそんな事に気付く余裕も無かったのかもしれません。

 

その後は定期的な通院に加え、高校側からの提案もあり2学期は別室登校となりました。

一応別室登校としつつ、受けられる授業は出てもいいとの事でしたが、やはり「周りの視線」が気になって全く授業は受けませんでした。

 

そういう訳なので当然、留年の話が高校側からあるのですが、その当時の自分はとにかく「家から出たくない」その一点だったとうっすらと記憶してます。

 

結果として留年とはなりましたが

同時に母の提案で休学扱いになりました。

 

高校に行かなくてよくなる事は嬉しかったはずですが、それよりも道を外れてしまった事の方がショックでした。

 

当時は高認(高校卒業程度認定試験)の存在など知らず、皆高校に進みそして大学、就職と進むものなのだと思い込んでいました。

 

 

その後、約1年程自宅で療養(要は引きこもりです)した後、主治医の勧めもあり定時制高校を受けることになりました。

 

この高校は新設の県立高校で、定時制でありながら午前中も授業があり、それらを文字通りパズルの様に組み合わせる単位制のシステムを取り入れていました。

 

最短3年で卒業可能の謳い文句に最初は心躍りましたが、いざ受験するとなる途端に弱気になりました。

これも新設の高校であるゆえにASD特有の未知への恐怖だったのかもしれないです。

 

試験は無事合格し、2年遅れでの2度目の高校生活が始まりました。

 

 

 

 

果たしてこの判断が正しかったのかは、今でも時々考えてしまいます。

 

無理をしてでも通っていれば、遅れる事なく卒業出来てたかもしれないと思うとやはり間違えたのかもとも思いますし、逆に遠回りをした事で見えなかったものが見えた事もあるので、自分でもどちらが正しいなんて分かりません。

 

結果としてはこの後大学で更に留年してしまう訳ですがそれはまた今度にします。

 


それでは

にほんブログ村に参加しました

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする