ココロルミナス

書きたい事を書くだけ

多様性からみる「けものフレンズ」

こんにちは、miuです。

 

大学が春休みなのでニート生活を謳歌しております←

PC依存気味ですが、気になる物があったので…

 

ここ最近、ネット界隈を賑わせている「けものフレンズ

 

「名前くらいは聞いた事ある」という人も多いのではないでしょうか?

かく言う自分もあまり知らなかったのですが、ニコニコ動画Twitterなどで

 

「すごーい!」

 

「・・・がとくいなフレンズなんだね!」

 

と言った謎のワードを目にする事が多く気になっていました。

 

これは百聞は一見に如かず。という事でアニメを視聴したのでそのまとめを兼ねて。

 

・そもそも「けものフレンズ」とは?

詳しくはこちらからどうぞ

kemono-friends.jp

 

これだとよく分からないですが、動物園への寄付・支援なども行うなど、かなり壮大なプロジェクトに見えます。

ただ、昨今は「ガールズ&パンツァー」や「花咲くいろは」など地域密着型のアニメが増えており、これだけでは普通のアニメとさほど変わりません。

 

・「けものフレンズ」がなぜここまで盛り上がるのか?

ここ数年のヒットアニメといえる「ラブライブ!」や「おそ松さん」はそれぞれ男性・女性をターゲットとして制作されていると考えられ(ラブライブは女性ファンも獲得した)、基本的にネット界隈をそれぞれ分かれていました。

 

しかし、「けものフレンズ」は一見獣耳の少女キャラという「男性向け」にカテゴライズされるジャンルでありながら、必ずしもファンは男性だけとは限らないように思えます。

この作品がネット上で話題になっている理由、それは劇中の独特の空気感やグッズの品薄やアニメ放送前にアプリのサービス終了などによる異様な環境などではなく、登場キャラ達のセリフ

 

「すごーい!」

 

たのしー!」

 

などの「応用しやすい」セリフから

 

「へーきへーき、フレンズによって得意なことちがうから」

 といったセリフまであるのです。

 

ここであえて後者のセリフに注目してみると、「フレンズによって得意なことちがう」とは多様性を示しているものであると思われるのですが、そもそもこのアニメ自体「世界中の動物を擬人化」する事を目的としており、本来それほど注目されるべきセリフでは無い筈なのです。

 

では、なぜ注目するのか?それは「人間の多様性」です。

 多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。wikipediaより

 

21世紀になり、グローバリゼーションが叫ばれている昨今ですが、残念ながら保護主義・差別主義的な思想が世界的に広まりつつあります。

我が国においてはとりわけ、昨年の相模原障害者施設殺傷事件以降明るみに出た「障害者隔離」やいわゆる「ヘイトスピーチ」などが問題として挙げられるかと思います。

 

 

この様な社会であるからこそ、多様性を謳う本作品が話題となるのかもしれません。

 

 

にほんブログ村に参加しました

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村